News

  • 2018.08.17情報を更新しました。

HakuhodoDY outdoor

雑誌の見出しを載せた電車内の中吊や、街中でみかける巨大なビルボード、
オリコミチラシ、ファーストフードのトレイマット広告……
生活者は街の中で様々なメディアからの情報に取り囲まれて行動しています。

2020年に向かい、スマートデバイスの普及に代表されるデジタル技術の進展、
大規模な街の再開発や新しい交通インフラの登場などにより、
生活者にとってのアウトドアメディアは大きな変化の時を迎えています。

HakuhodoDY outdoorは変わりつつあるアウトドアメディアビジネスを進化させるために、
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ アウトドアメディア局を分社化し、誕生しました。

我々は、様々なクライアント課題を解決するために、
データやアイデアを駆使し既存のアウトドアメディアの価値向上をはかり、
同時に新たな技術・環境変化に対応させたメディアの企画・開発を推進します。
「生活者の行動・気持ちを最適な場所で捉え、広告を届けるための提案ができる」
アウトドアメディア全体をプロデュースするプロ集団を目指します。

さあ、HakuhodoDY outdoorとアウトドアメディアの未来へ。

Vision

企業コミュニケーションは、いま、大きな変革の時代を迎えています。AIやIoTを活用したビジネス構造の進化に呼応するかのように、マーケティングの世界においても新しいソリューションが求められています。

そして2017年4月、私たち「博報堂DYアウトドア」は、誕生いたしました。設立の目的は、博報堂DYグループの「アウトドアメディアビジネスの創造」と「生活者の行動導線全体を捉えた統合コミュニケーションプラニング」を実践・牽引していくことです。博報堂DYグループが保有する様々なデータを活用し、アウトドアメディアがこれからのコミュニケーションの主役になることを夢見て、新たなる一歩を踏み出したのです。

博報堂DYグループには、「生活者発想」というフィロソフィーがあります。「生活者を豊かにし、社会を活き活きと元気にして行く」。そのために、「生活者視点」に立脚して、アウトドアメディア領域の「広告」「コミュニケーション」「ビジネス」を一生懸命考えながら構築していく。そして、顧客企業の皆さまのハードルの高い課題に対して、新しいプラニングアプローチで応えていく。そういう会社を目指して、社員一丸で頑張っていけたらと思っています。

博報堂DYアウトドア  北 康夫

Field

交通メディア部

生活者の生活動線に密着した交通機関や交通関連施設に掲出される交通広告を取り扱う部です。

関西メディア部

関西以西を主としたクライアントに対して、交通、屋外サイネージ、オリコミ、ルートといったすべてのアウトドアメディアを課題解決のために、提案から実施まで遂行する業務推進機能をもった部です。

屋外・オリコミ・ルートメディア部

● 屋外メディアチーム
街やロードサイド・空港・商業施設などで展開されるメディアならびにインストアサイネージや屋外ビジョンなどの動画メディアを取扱うチームです。
● オリコミ・ルートメディアチーム
地理情報データや生活者データ、生活者スタイルなどの分析をベースに、オリコミやダイレクトメールなどの家メディアや、生活者行動パターンに根差したルートメディアなどを取り扱うグループです。

計画管理部

人事戦略部

経営企画部

People

About us

会社名
株式会社博報堂DYアウトドア
代表取締役社長
北 康夫
所在地
東京都港区赤坂5丁目3-1 赤坂BizタワーMAP
資本金
150,000千円
株主構成
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(100%)
社員数
約50名(2017年4月1日 時点)
主な事業内容
アウトドアメディア領域の広告(交通広告、屋外広告、折込・ダイレクトメール、その他の広告でデジタルサイネージ上の広告を含む)・宣伝ならびにインターネット等デジタルネットワークを利用した広告・宣伝の企画、立案、制作、実施、配信及び広吿代理業務、媒体の運営、コンサルティング  などアウトドアメディア領域の広告(交通広告、屋外広告、折込・ダイレクトメール、その他の広告でデジタルサイネージ上の広告を含む)・宣伝ならびにインターネット等デジタルネットワークを利用した広告・宣伝の企画、立案、制作、実施、配信及び広吿代理業務、媒体の運営、コンサルティング  など
営業開始日
2017年4月1日